医療安全管理指針

 本指針は、それぞれの医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者様が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標とします。

  1. 基本的な考え方 医療現場では、医療従事者のちょっとした不注意等が、医療上予期しない状況や、望ましくない事態を引き起こし、患者様の健康や生命を損なう結果を招くことがあります。 われわれ医療従事者には、患者の安全を確保するための普段の努力が求められます。さらに、日常医療の過程にいくつかのチェックポイントを設けるなど、単独あるいは重複した過ちが、医療事故という形で患者に実害を及ぼすことの無いような仕組みを院内に構築することも重要です。 本院においては病院長のリーダーシップの下、全職員がそれぞれの立場からこの問題に取り組み、患者様の安全を確保しつつ、必要な医療を提供していくものとし、全職員の積極的な取り組みを要請しています。
  2. 医療安全対策体制の整備 本院における医療安全対策と患者様の安全確保を推進するために、本指針に基づき本院に以下の役職及び組織等を設置します。(1) 医療安全推進者
    (2) 医療安全管理委員会
    (3) 医療に係る安全確保を目的とした報告
    (4) 医療に係る安全管理のための研修
  3. 医療安全管理対策の取り組み(1) 安全な医療を提供するために、全職員対象の研修会を企画しています。
    (2) 院内に於けるアクシデント・インシデント報告の集計・分析し、結果を全職員に情報提供し、再発防止に努めています。
    (3) 改善点の確認・指導のため、定期的な院内ラウンドを実施しています。
  4. 職員の研修 医療安全管理に関する全職員対象の研修を年2回以上行い、職員の意識の高揚・医療の質の向上に努めます。
  5. 医療事故発生時の対応について 医療事故発生時には、当院の「医療事故発生時の対応」に基づき、医療上の最善かつ迅速な処置を行い、誠実に対応いたします。
  6. 医療相談に関する基本方針 当院では、「患者相談窓口」を設置し、医療に関する相談・意見・苦情等に耳を傾け、適切に対応し、より質の高い安全対策を推進します。
  7. 当該指針の閲覧 本指針については、医療法人誠仁会協和病院の院内掲示およびホームページに掲載します。

H29.02.01作成